行方不明になった親友を探しにフィリピンへ


2010年5月

 当時19歳で大学生だったおれは、中学校からの友人のリッキーがフィリピンで行方不明になったことを知る。

 リッキーの父親も心配はしているものの、パブの経営が忙しかったので探しに行くことができず……。結局、リッキーの父親に頼まれて、おれがリッキーを探しに行くことに。

 リッキーを探す手がかりは、半年前に住んでいたという家の住所と写真のみ……。

 当時のおれの海外旅行経験といえば、高校時代の研修旅行だけで英語にも自信がなかった。外国、特に発展途上国は危険な場所だと考えていたし、できれば行きたくない場所だ。

 ……しかし、だからといって見捨てるのはもっと嫌だった。

 こうしておれのフィリピンへの渡航が決定。

 果たしておれは、無事リッキーを見つけることができるだろうか……。



詳しくはこちら:
書籍版



戻る